日本企業の多くを蝕んでいる最大の病は、機能別組織の肥大化だ。顧客の声や競合の動きに鈍感になり、事業全体の不振に痛みを感じなくなる。小ぶりの損益組織に分割し、気骨のリーダーを抜擢すれば、再び活性化する。