工場のエンジニア勤務だったAさん(38歳)は、6月から中国との合弁会社への転勤が決まった。Aさんは仕事については自信もあり不安はない。ただ、中国での生活環境を想像するとやはり不安になる。イライラしたり、頭痛や不眠に陥ったりすることが多くなってきたように感じている。妻も不安を口にし始めたことが、カウンセリングに出向くきっかけとなった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1160文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題