中国進出の成功例として知られるイトーヨーカ堂。本書の著者は、その初代中国室長として、1996年から10年以上、中国ビジネスと格闘していた人物だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1313文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題