中国進出の成功例として知られるイトーヨーカ堂。本書の著者は、その初代中国室長として、1996年から10年以上、中国ビジネスと格闘していた人物だ。