日本企業の目に映るインドネシアの姿は、かつてはもっぱら、石油や天然ガスを生み出す「資源基地」だった。次いで、インドネシア経済の発展に伴って、「この市場にどう売るか」を真剣に考えるべき「有望市場」の像が加わった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1340文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 インドネシア」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。