先入観を捨てて、市場とじっと向き合えば、インドネシア特有の「事情」に潜む商機も見えてくる。