民事再生法に基づいて経営再建中だったが、債務弁済が困難になり破産。中韓の造船会社に技術力で勝っていると自負していたが、手持ち工事はゼロに。日本中から造る船がなくなる「2014年問題」が現実味を増す。