100度に満たない温泉の湯という低温の熱エネルギーを利用して発電する。再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」が導入を後押しした。温泉発電の技術は工場の未利用エネルギーを有効活用する道も開く。