次期社長を社外から公募する異例の取り組みが注目されたユーシン。だが、選んだ社長候補は同社を退社し、副社長候補も2013年2月末に取締役を外れた。ヘッドハンティングでの人材探しを急ぐが、後継者選びの迷走が続く。