最近、アジア諸国にソフト開発のセミナー講師として呼ばれることが多くなった。台湾やベトナム、シンガポール、中国などがIT(情報技術)人材の育成に熱を上げている。