日銀の金融政策が黒田東彦総裁の就任で「新次元」に入った。取り得る策は量的緩和など経験済みの手法が軸と見られる。政策効果を高める同氏の情報発信力が注目される。