日本車は新興国を中心にした世界的な価格破壊の時代を生き残れるのだろうか。超低価格車の市場では、これまでの日本車の強みが逆に弱みへ転換しかねない。過剰な品質へのこだわりや依然残るケイレツといった壁を打ち崩せるかが試される。