日本車は新興国を中心にした世界的な価格破壊の時代を生き残れるのだろうか。超低価格車の市場では、これまでの日本車の強みが逆に弱みへ転換しかねない。過剰な品質へのこだわりや依然残るケイレツといった壁を打ち崩せるかが試される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3877文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 50万円カーの衝撃」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。