世界中で存在感を増す超低価格車。その総本山がインドだ。安い部品をオープンに調達し、組み立てるコモディティー化が進む。中国とも東南アジアとも違う「超低コストインフラ」の実態とは。