古本業界に革命を起こし、稲盛和夫に「商売の天才」と言わしめた男。一度は奈落の底に落ちた遅咲きのカリスマは、飲食革命に再起を賭ける。利他の心を基軸に目標を達した時、魂は信奉する稲盛に近づく。