大阪市立桜宮高校バスケットボール部の顧問教師による体罰の後、生徒が自殺して問題となった。この事件を機に、教育現場の体罰問題が次々と明るみに出ている。