3万2000円、ゲット――。 冷たい北風が身に染みる2月下旬のある日の午後、旧財閥系の不動産経営代行会社に勤める青木毅さん(仮名、42歳)は、商談を終えた帰社中の電車内で、スマートフォン(スマホ)を覗き込みながら、ほくそ笑んだ。保有していた商社株を売却し、利益を確定した喜びを人知れずかみしめたのだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5006文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 隣の個人投資家」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。