パソコンなどで作った3次元データを使って、手軽に立体物を作ることができる。開発期間の短縮と低コスト化に役立ち、モノ作りの様々な場面で活用が進む。自動車や電機などの大企業に加え、低価格化で個人・ベンチャーにも広がる。