起業家に憧れた若者は、高校を中退して社会に飛び出した。待ち受けていたのは失敗続きで借金まみれの過酷な現実だった。直情径行の若者は苦労を重ね、人の言葉を糧にする起業家に成長する。