日本の総合商社の原型と言われる、戦前の三井物産を益田孝氏が設立したのが1876年。数えで29歳の年でした。大きな目的は「国策としての既得権益の打破」だったといいます。