日本の総合商社の原型と言われる、戦前の三井物産を益田孝氏が設立したのが1876年。数えで29歳の年でした。大きな目的は「国策としての既得権益の打破」だったといいます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り487文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題