日経ビジネスが生んだキーワード「会社の寿命は30年」。明治以来の日本の有力100社の業績推移などから、一企業が繁栄を謳歌できる期間(=会社の寿命)は平均30年という法則を導き出したこの特集は当時、経済界で反響を呼びました。