日経ビジネスが生んだキーワード「会社の寿命は30年」。明治以来の日本の有力100社の業績推移などから、一企業が繁栄を謳歌できる期間(=会社の寿命)は平均30年という法則を導き出したこの特集は当時、経済界で反響を呼びました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り648文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。