長年、世界で最も長寿だったのは日本人女性。これが、昨年の厚生労働省発表によって、2011年に世界2位に転落していたことが分かった。日本人女性の平均寿命は85.9歳となり、前年比で0.4歳短くなった。代わって首位に躍り出たのが平均寿命86.7歳、香港の女性だった。