TPP交渉に備え関税撤廃の例外を巡る議論が白熱してきた。「コメは聖域に」との声が高まっているが、そこには落とし穴が。国内農業保護と改革の二兎を追う骨太の議論が急務だ。