教育資金贈与の非課税措置を受けて、教育産業に追い風が吹いている。特に恩恵を受けそうなのが、幼児英才教育や個別指導などの高額サービス。制度の利用に伴い、受け皿となる金融機関の顧客獲得争いも熾烈化しそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2611文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年3月11日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。