甘い見通しと思考停止による先送りでは核のゴミの問題は解決できない。福島の復興を1日も早く実現するためにも、先送りを続ける猶予はない。今すぐに始めるべき現実解を提言する。