核のゴミ問題を解決する糸口が見いだせない中、“ゲームチェンジャー”の登場に期待する声がある。現在、普及している第2世代の軽水炉技術のはるか先を行く、第4世代と呼ばれる原子炉だ。プルトニウムを燃やして捨てる“焼却炉”としての役割を期待されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り973文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 どうする「核のゴミ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。