核のゴミ問題を解決する糸口が見いだせない中、“ゲームチェンジャー”の登場に期待する声がある。現在、普及している第2世代の軽水炉技術のはるか先を行く、第4世代と呼ばれる原子炉だ。プルトニウムを燃やして捨てる“焼却炉”としての役割を期待されている。