原発から約175kmも離れているにもかかわらず、ホットスポットとなったロシア・ノボズィプコフ市。同市の放射線量は現在でも、市街地のある観測ポイントで毎時0.5マイクロシーベルトに達し、立ち入り禁止の林が街の周囲に広がっている。