原発から約175kmも離れているにもかかわらず、ホットスポットとなったロシア・ノボズィプコフ市。同市の放射線量は現在でも、市街地のある観測ポイントで毎時0.5マイクロシーベルトに達し、立ち入り禁止の林が街の周囲に広がっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1010文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 どうする「核のゴミ」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。