金利や商品での差別化が難しい銀行業界。ネット専業銀行などの台頭で、個人客争奪戦の激しさは増す。ATMや店舗のサービス拡充で勝負に出る銀行も現れた。