どうすれば、市場の変化に応じて機敏に動ける会社になれるか。企業にとってこれは永遠の課題でしょう。アンリツが2000年のIT(情報技術)バブル崩壊後の大波の中で必死に取り組んできた改革も、その1つだったのかもしれません。