ガタン、ガタン。印刷機が動き、ガソリンスタンドやクルマのディーラーなどで見かける宣伝用ののぼりが、色づけされていく。創業1923(大正12)年の元浅草にある「のぼり」制作会社、田原屋(東京都台東区、田原績社長)。ここでは、社内のあらゆる部門で、シニアと若手のコンビが活躍する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1201文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 定年延長パニック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。