年初来、中国でPM2.5の濃度が高い深刻な大気汚染が相次いで発生。中国政府はようやく排ガス規制の厳格化に取り組み始めたが、先行きは厳しそうだ。消費者不在のまま、国有石油化学大手の論理が優先される構図が動かないためだ。