異なる文化、背景、言語を持つ企業同士がただ一堂に会して何か起きるのを期待したとしても、それはただの目的なき異業種交流会にすぎない。知的交配を実現するにはきっちりと設計し、手順を踏む必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3125文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年3月4日号 64~65ページより目次