1月下旬の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席した。総じて安倍晋三内閣の経済政策に強い期待が表明された。「アベノミクス」という表現そのものが、世界で市民権を得ている感さえあった。