業績不振が続いてきたNECに復活の兆しが見えている。痛みを伴う改革で売上高に見合った事業規模に身を縮めてきた。需要への感度を磨き、インフラ提供企業として再び世界に挑む。