近年、若い世代を中心に、働き方や仕事に対する価値観が非常に多様化していることを実感する。 インターネット企業で働く若手社員の中には、肩書や報酬にはあまり関心がなく、自分の作った製品が世の中に広く普及することに最も大きな喜びを感じるという人が多いという。