近年、若い世代を中心に、働き方や仕事に対する価値観が非常に多様化していることを実感する。 インターネット企業で働く若手社員の中には、肩書や報酬にはあまり関心がなく、自分の作った製品が世の中に広く普及することに最も大きな喜びを感じるという人が多いという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1483文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年3月4日号 72ページより目次