自分の遺伝子情報を誰でも入手し、活用できる時代が来た。個人の体質に合わせた病気の診断や治療が可能になる。新産業創出の期待が高まるが、慎重な環境整備が必要だ。