今年は花粉飛散が増えるとの予測を受け、対策商品の販売が上向いている。中国の大気汚染が日本に悪影響を及ぼす懸念も、商戦に拍車をかける。メガネや空気清浄機の性能向上や医療用薬品の大衆薬化も追い風になりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2657文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年2月25日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。