安倍晋三政権は物価上昇の痛みを和らげるため、企業に異例の賃上げを要請した。円安・株高が進んでも、企業側は業績改善が大前提との姿勢を崩そうとしない。企業が置かれた状況によって、賃上げには時間差が生じる可能性もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4248文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2013年2月25日号 30~33ページより

この記事はシリーズ「特集 徹底検証アベノミクス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。