安倍晋三政権は物価上昇の痛みを和らげるため、企業に異例の賃上げを要請した。円安・株高が進んでも、企業側は業績改善が大前提との姿勢を崩そうとしない。企業が置かれた状況によって、賃上げには時間差が生じる可能性もある。