再生医療以上に、iPS細胞の強みを期待できる分野が新薬開発だ。日本企業が相次ぎ参入するが、先行する欧米勢も事業化を加速する。得意のモノ作り技術をiPSビジネスに生かす動きも急速に広がる。