再生医療以上に、iPS細胞の強みを期待できる分野が新薬開発だ。日本企業が相次ぎ参入するが、先行する欧米勢も事業化を加速する。得意のモノ作り技術をiPSビジネスに生かす動きも急速に広がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3043文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 動き出す「iPS産業」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。