究極の再生医療を実現すると期待がかかるiPS細胞。国内ではベンチャー企業が相次ぎ発足し、事業化へ動き出した。しかし、安全性やコスト、海外勢との競争など解決すべき課題は多い。