ドイツ語圏で故ピーター・ドラッカー氏に次ぐ経営思想家が、日本の弱点をズバリ指摘。製造業が強く、日本との類似点も多いドイツは過去6年、なぜ競争力を高められたのか。ドイツ企業のあり方を解説しながら、日本が学ぶべきポイントや弱点の克服法を提示する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5898文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題