業界や社会の常識、目先の利益に捉われすぎては損をする。一方、社会が感じる無駄の中にこそ、成長の原石がある。選択と集中の対極を行く、10年先を読む経営の極意を語る。