中国事業が行き詰まってから慌てても遅い。備えがなければ、思わぬ傷を負う。現地化を進めつつ、中国からいつでも身を引ける準備もする。こんなしたたかな戦略も、守りの切り札だ。