中国では今、食品・日用品に有害物質が混入された製品が出回り、中国企業の商品への信頼が揺らいでいる。2008年には、化学物質メラミンが混入していた粉ミルクを飲んだ多数の乳幼児が健康被害を受けた。衣服でも、中国企業製品への信頼感は乏しく、多くの人が購入後、洗濯をしてからでないと安心して袖を通せないという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2561文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 中国と生きる道」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。