反日騒動を経て「日本製だから売れる」という時代は完全に過去のものとなった。逆にハンディを背負っている──。それが日本ブランドの現実だ。だが方法はある。厳しい状況を打開するための2つの秘策を紹介する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り408文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 中国と生きる道」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。