反日騒動を経て「日本製だから売れる」という時代は完全に過去のものとなった。逆にハンディを背負っている──。それが日本ブランドの現実だ。だが方法はある。厳しい状況を打開するための2つの秘策を紹介する。