発送電分離と電力の小売り全面自由化の方針が固まった。電力会社の「地域独占」体制が崩れることを意味する。だが、電力会社の抵抗によって骨抜きになるリスクも残る。