日本企業にとっての経営課題について論客が意見を戦わせる対談シリーズの3回目。慶応義塾・早稲田両大学のビジネススクール看板教授による対論の後半を紹介する。グローバル化が進む中、日本企業が海外で勝ち抜くために必要な経営のあり方を探る。