米ラスベガスで1月に開かれた国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」では、日本、韓国、中国メーカーが次世代テレビ「4K」を出展した。フルハイビジョンの4倍の解像度がある4Kテレビが今後の大型テレビの主役になりつつある。