道路、鉄道、水道…。インフラの老朽化による事故が頻発している。行政は危機感を募らせるが、財源不足から抜本対策を打てずにいる。出口が見えない中、インフラの新設をやめ、リストラする動きも出始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4771文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年2月11日号 26~29ページより

この記事はシリーズ「特集 インフラ クライシス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。