道路、鉄道、水道…。インフラの老朽化による事故が頻発している。行政は危機感を募らせるが、財源不足から抜本対策を打てずにいる。出口が見えない中、インフラの新設をやめ、リストラする動きも出始めた。