大衆薬のネット販売を巡る争いは、最高裁の判決で決着がついたかと思われた。しかし、早くも司法判断の解釈が分かれ、議論が再燃している。不毛な議論が繰り返されることになれば、損をするのは消費者になる。