3月に法律が切れると、最大10万社とされる倒産予備軍の動向が焦点になる。金融庁は銀行への継続監視や企業支援策の拡充を検討するが、効果は未知数だ。企業倒産は参院選後の夏以降に緩やかな増加に転じるとの見方が広がっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2878文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 倒産予備軍10万社の行方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。