円滑化法を巡り、金融相を務めた亀井静香氏と竹中平蔵氏が誌面上で持論をぶつけた。生みの親である亀井氏でさえ、延命の時間稼ぎにすぎず、倒産増加を口にする。思想が全く違う両氏だが、終了後の政策手当てと経済対策の必要性では一致した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2632文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 倒産予備軍10万社の行方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。